北海道札幌市東区東苗穂12条の外科、整形外科、消化器内視鏡外科、大腸肛門科外科、リハビリテーション科 医療法人 モエレ外科胃腸科

北海道札幌市東区東苗穂12条
外科、整形外科、消化器内視鏡外科、大腸肛門科外科、リハビリテーション科
医療法人 モエレ外科胃腸科

〒007-0812 北海道札幌市東区東苗穂12条3-21-3
TEL 011-791-7711
▲Mobile Site
トップページ»  胃・大腸内視鏡検査について

胃・大腸内視鏡検査について

胃内視鏡検査(ファイバースコピー)

「胃カメラ」ともいわれます。胃カメラ検査とは屈曲自在のファイバースコープを口または鼻から挿入し、先端についている超小型のカメラで食道~胃・十二指腸まで粘膜面に異常がないかを調べる検査です。胃透視(バリウム検査)と違い、放射線を浴びることもありません。また、直接粘膜を観察するため、色調の変化や粘膜の微細な凹凸までもが詳細に観察できます。さらに、スコープの鉗子口を通して直接組織をとり詳細に検査ができます。内視鏡はとてもコンパクト(細いものは外径約5mm)になり、苦しい思いをすることなく検査が受けられるようになりました。検査にかかる時間は5~10分程度です。

当医院では約4mmの細いファイバーを使用します。


 

大腸内視鏡検査(大腸ファイバー)

大腸内視鏡検査(大腸ファイバー)とは、胃カメラと同様に屈曲自在なファイバースコープを肛門より挿入し、直腸から盲腸まで全大腸をみる精密検査です。ポリープに代表される隆起性病変や腫瘍がないかどうか、
または、下痢や血便といった症状の原因となるような病変がないかを検査します。
検査時間は15~20分程度で終了します。

大腸内視鏡検査(大腸ファイバー)